円高還元 イスカル ドゥーグリップ DGTL2525-6 エンドミル
円高還元 イスカル ドゥーグリップ DGTL2525-6 エンドミル
kougurakuichi-5169305-10541-jAI
9,208円 15,346円
ドゥーグリップ 突切加工用一体型ホルダー (DGTR25253), DGTR25253 | ドゥーグリップ 突切加工用一体型ホルダー | イスカル , ヘリグリップ、ドゥーグリップ 溝入、多機能加工用ブレード | イスカル , ISCAR Parting & Grooving Product Lines, ISCAR Parting & Grooving Product Lines

DGTL2525-6 DGTL25256

※写真は代表画像です。この為、実際の商品とは異なる場合が御座います。
仕様、商品名、型番をご確認の上、ご購入をお願い致します。


特長
●2コーナー使いで経済的。
●ねじれ刃構造(チップ長さ以上の加工が可能です)。4mm幅以上のチップは前切り刃と後ろ切り刃がねじれているため、ホルダーにチップをセットした時、後ろ切れ刃は見かけ上狭くなり被削面に接触しません。

仕様
●左勝手ホルダー


●イスカル ホルダー

用途
●突っ切り

材質·仕上げ
●画像はイメージです。

生産国
イスラエル

ドゥーグリップ 突切加工用一体型ホルダー (DGTR25253)
DGTR25253 | ドゥーグリップ 突切加工用一体型ホルダー | イスカル
ヘリグリップ、ドゥーグリップ 溝入、多機能加工用ブレード | イスカル
ISCAR Parting & Grooving Product Lines
ISCAR Parting & Grooving Product Lines

ドゥーグリップ 突切加工用一体型ホルダー (DGTL25253)
ISCAR Parting & Grooving Product Lines
ドゥーグリップ 突切加工用一体型ホルダー (DGTR25253)
ヘリグリップ、ドゥーグリップ 溝入、多機能加工用ブレード
ISCAR Parting & Grooving Product Lines
DGTR25253 | ドゥーグリップ 突切加工用一体型ホルダー | イスカル
ISCAR Parting & Grooving Product Lines
ヘリグリップ、ドゥーグリップ 溝入、多機能加工用ブレード | イスカル
ヘリグリップ、ドゥーグリップ 溝入、多機能加工用ブレード | イスカル
ISCAR Parting & Grooving Product Lines
ヘリグリップ、ドゥーグリップ 溝入、多機能加工用ブレード | イスカル
ISCAR Parting & Grooving Product Lines
ISCAR Parting & Grooving Product Lines
ヘリグリップ、ドゥーグリップ 溝入、多機能加工用ブレード | イスカル
ISCAR Parting & Grooving Product Lines

円高還元 イスカル ドゥーグリップ DGTL2525-6 エンドミル

Information

■TOP TMW/TPW用トルクハンドル【1662649:0】

円高還元 イスカル ドゥーグリップ DGTL2525-6 エンドミル

円高還元 イスカル ドゥーグリップ DGTL2525-6 エンドミル

東京 千代田区に本社がある大手製薬会社「龍角散」で、法務担当の部長を務めていた女性は、3年前の忘年会で社長によるセクハラ行為があったという情報をもとに調査をしたところ、不当に解雇されたとして、会社に対し解雇の取り消しなどを求める訴えを起こしていました。

BTS MAGIC SHOP マジショ 韓国公演 DVD

 2018年12月の社内忘年会にて社長が女性社員に抱きつくなどの行為をしたした疑いで、法務部長(当時)が女性社員へのヒヤリングなどを実施したところ、セクハラを捏造しているとして、法務部長(当時)が解雇された事件です。元法務部長は2019年6月に不当解雇として訴訟を起こしていました。和解の内容は、定年まで勤めた場合の給与とほぼ同じの6000万円を支払うというもので、実質的に解雇の不当性を認めた解決金と言えそうです。

今回の事件には直接あてはまりませんが、会社に義務付けられているハラスメント防止措置のうち「不利益取り扱いの禁止」についてご紹介しておきます。
<相談・相談対応協力を理由とする不利益取り扱いの禁止(男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、労働政策総合推進法)>
事業主は、労働者が職場におけるセクシュアルハラスメント、職場における妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント、職場におけるパワーハラスメントに関する ●相談を行ったこと、または ●事業主による当該相談への対応に協力した際に事実を述べたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他の不利益な取り扱いをしてはならない。

なお、企業のハラスメント防止に役立つ情報をHP通信のバックナンバーで動画解説していますので、よろしければ、この機会にご視聴ください。

円高還元 イスカル ドゥーグリップ DGTL2525-6 エンドミル

EXPICARE.COM RSS